3軸加速度データレコーダー MDR3Aサポート

MDR 3A 技術サポート情報

データファイルについて
対象機種   :MDR3A-128/MDR3A-160              最終更新日 :2010.06.17
MDR3Aで計測された加速度データはエクセルで読み書き可能なCSVファイル(以下、データファイル)に格納されます。1つのデータファイルには最大で30000ラインのデータが保存可能ですが保存可能な最大時間はサンプリングレートよって以下のように異なってきます。Learn More
日時の設定について
対象機種   :MDR3A-128/MDR3A-160              最終更新日 :2010.06.17
MDR3Aの日時設定は、センサをPCに接続し、センサ内部の設定ファイルに日付と時刻を記述することによって行います。この日時は計測開始時の時刻(スイッチをONにする時刻)を記述します。Learn More
長時間計測時の設定について
対象機種   :MDR3A-128/MDR3A-160              最終更新日 :2010.06.20
高速周回路(オーバルコース)やサーキットなどで、1時間を越えるような連続計測を行う場合は、極力低いサンプリングレートに設定することで、バッテリーの持続時間を延ばすことができます。
LinkIconMDR3A-128の設定
LinkIconMDR3A-160の設定
メモリカードの修復方法について
対象機種   :MDR3A-128/MDR3A-160              最終更新日 :2010.06.11
MDR 3Aは計測結果をメモリカードに記憶します。バッテリ容量が低下した状態で計測し続けた場合、まれにメモリカードに通常のWindowsの削除操作では削除できないフォルダやファイルが作成されることがあります。(これらのフォルダやファイルはピリオドだけであったり、文字化けしていたりすることがあります) もしそのような状況になりましたら、お手数ですが、メモリカードの修復を行った後に再度削除操作を行うか、もし修復を行っても削除できない場合は、メモリカードの再フォーマットを行ってください。
LinkIconメモリカードの修復方法
LinkIconメモリカードの再フォーマット方法

ページの先頭へ